HOME  JABMEE CPD CPD実績登録・CPD実績証明書  

CPD実績登録・CPD実績証明書

CPD実績は、大きく2つにわけられ、それぞれ登録方法が異なります。

①認定プログラムによるもの 会場で出席者名簿に名前とIDを記入
②認定プログラム以外によるもの インターネットまたは書式での自己申請

※CPD手帳への記載およびCPDシールの添付だけでは、CPD実績は登録されませんのでご注意ください

このうち、建築CPD情報提供制度のデータに反映されるのは、認定プログラムによるもののみです

CPD実績の活用例(JABMEE CPD、建築CPD情報提供制度)

CPD実績の活用例(JABMEE CPD、建築CPD情報提供制度)


1. 認定プログラムの場合

建築設備 総合講習(建築設備士の専門領域認定コースにおける必須プログラム)をはじめとする建築CPD情報提供制度の認定プログラムに参加した場合、会場で出席者名簿にお名前と建築CPD情報提供制度のIDをご記入いただくことで、CPD実施履歴として登録されます。出席者名簿への記入によりCPD実績単位として登録されたものは、自己申請の必要はありません。

認定プログラム出席者名簿イメージ

認定プログラム出席者名簿


注)建築CPD情報提供制度のIDとJABMEE CPDのIDは異なります。建築CPD情報提供制度のIDをご記入いただかないと登録されないことがありますのでご注意ください。IDが不明な場合は協会にお問い合せください。


2. 認定プログラム以外の場合

以下のいずれかの方法による自己申請が必要です。

  1. インターネット(CPD情報システム)
  2. 所定の書式を事務局に送付

1)インターネット(CPD情報システム)

(公財)建築技術教育普及センター(JAEIC)が運営するシステム(CPD情報システム)を利用し、自己申請を行うことができます。なお、「内容」および「修得内容」が不足していると、単位認定されない場合がございますのでご注意ください。CPD情報システムを利用する際にはユーザーIDとパスワードが必要です。ご不明な場合は協会にお問合せください。

CPD情報システムでのCPD実績登録方法はこちらをご覧ください


2)所定の書式を事務局に送付※

下記書類を本協会宛に郵送またはメール添付にてお送りください。
「記入例」をご参照の上、ご記入ください。
※書式(自己申請シート)による申請を希望される場合は、WEB申請代行手数料として別途1,000円が必要となります。

送付書類

送付書類 ファイル 記入例
1. JABMEE CPD自己申請シート シート(Excel) 記入例(自己学習型)
  記入例(情報提供型)
2. 受講票、レポート等証明となるもの

 

注意事項

  1. 自己申請のCPD実績登録は、原則、「CPD情報システム」にご自身で入力していただくようお願いいたします。
  2. 書式(自己申請シート)による申請を希望される場合は、WEB申請代行手数料として別途1,000円が必要となります。シート内の全ての項目に記入漏れのないようご記入ください。記入漏れ等不備がある場合には、登録されませんのでご注意ください。
  3. 申請いただくコンテンツは、必ず実施した 時間数 をご申告ください。単位数は、JABMEE判定基準に基づき、こちらで換算(時間→単位)します。
  4. 証明または必要とされるものは必ず添付ください。不足している場合は認定できないことがあります。

送付先

〒105-0004 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル
(一社)建築設備技術者協会 CPD受付係宛て
メール info@jabmee.or.jp
「記入例」をご参照の上、ご記入ください。

JABMEE CPD実績証明書について

JABMEE CPD実績証明書の発行※をご希望の場合は、下記の申請書をダウンロードし、申請書の太枠内に必要事項をご記入、下記、郵便局口座へ振込み後、振込金受領証を所定欄(裏面)に貼付の上、FAXまたは郵送にてお申し込みください。

JABMEE CPD実績証明書発行申請書(PDF版)

  • 手数料(一通) 会員:500円(消費税込)  一般:1,000円(消費税込)
  • 口座名:一般社団法人 建築設備技術者協会  振替口座:00160-7-417427

    ※JABMEE CPD実績証明書は、(一社)建築設備技術者協会が発行します。建築CPD情報提供制度(建築CPD運営会議)の証明書の発行は、(公財)建築技術教育普及センターになりますので、ご注意ください。