• HOME > 
  • 冷媒サブクールシステム、エバチルドシステム

冷媒サブクールシステム、エバチルドシステム

空冷のビル用マルチ・電算用パッケージエアコン・モジュールチラーなどの冷媒配管途中で、液冷媒を冷却水で冷やして冷房(冷却)能力を増強します。消費電力のピークカットや省エネを図り、同時に水の気化熱を利用することでヒートアイランド現象の緩和に貢献します上記の冷却水熱源を集約する「サブクールシステム」に加えて、小規模システムや冷却水の得られない建物では、ミニ冷却塔を内蔵したユニットを採用した「エバチルドシステム」も選択できます。
●空冷PACの性能に頼らない省エネ技術、既設PACにも効果
●多様な冷却水(冷却塔、井水、ボイラ補給水など)を活用
●室外機散水方式のようにフィンを腐食させず、中間期も有効
●散水タイプのモジュールチラーより節水でき、運転費2割減

詳細はこちら

閉じる