• HOME > 
  • 「中温エコ」空調システム

「中温エコ」空調システム

現在、オフィスビルなどで広く採用されている空調システムは、室温をに保つために、夏には以下の冷水、冬には45℃以上の温水を作り、空調の吹き出し口から冷風や温風を吹き出すことによって空調を行っています。このような常識となっている空調の考え方の転換を図り、室温により近い温度(中温)の冷水や温水でも空調効果を発揮するようにしました。 中温を空調に利用すると、冷温水を製造する熱源の効率が向上することにより、標準的な空調システムに比較して約30%の省エネルギーを実現します。また地下水やフリークーリングなど自然エネルギーを利用することも可能です。

詳細はこちら

閉じる