• HOME > 
  • ベーパークリスタルシステム「VCS」

ベーパークリスタルシステム「VCS」

冷暖房運転を行う際に冷媒が凝縮・蒸発を行うことで自然循環するために、冷媒の搬送動力を一切必要としないものです。冷房運転を行う場合は凝縮器で冷媒を凝縮させると冷媒は自重で室内機へ流入します。室内機で冷媒は蒸発して凝縮器の方へ上昇します。暖房運転を行う場合は蒸発器で冷媒を蒸発させて気体になった冷媒が室内機まで上昇します。室内機で冷媒は凝縮し自重で蒸発器へ流入します。凝縮器へ送る冷水は7℃程度で十分ですが、クリスタルリキッドアイス(CLIS)からの低温水を用いると一層効率的な運転となります。蒸発器にはCLISのヒートポンプ運転による温水を用いることが出来ます。

詳細はこちら

閉じる