• HOME > 
  • 手術室の新しい空調システムの開発と導入

手術室の新しい空調システムの開発と導入

手術室の新しい空調システム『KVFS』(KAJIMA Variant Flow System(特許出願中))を開発し、2012年5月に開院した東埼玉総合病院に導入しました。このシステムは、従来の手術室の空調で課題となっていた、患者近傍の低温化防止と術者(執刀医)の暑熱感緩和を同時に図るとともに、患者の手術部位の感染リスクを低減する画期的なシステムです。

詳細はこちら

閉じる