HOME セミナー  中国・四国エリア   (広島)学会100周年支部記念講演会「建築設備・建築環境技術者が描く建築設備の将来」

(広島)学会100周年支部記念講演会「建築設備・建築環境技術者が描く建築設備の将来」


 第1部 「ICTが拓く建築設備の将来―持続可能な社会情報システムに向けて―」

   (九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報知能工学部門  教授 福田 晃)

 第2部 講演会"支部の技術シーズから見える建築設備の将来"

  ・「未利用熱の活用によるヒートポンプの省エネルギー化」
   (広島大学大学院工学研究科 建築計画学講座 助教 金田一 清香)
  ・「システム同定を用いたモデル化による空調制御の調整と改善」
   (国立米子工業高等専門学校 教授 前原 勝樹)
  ・「避難所体育館熱環境の基礎的検討」
   (福山大学 工学部 建築学科 講師 伊澤 康一)
  ・「ZEB Readyからはじまる建築設備の将来」
   (山口大学大学院 創成科学研究科 建設環境系専攻 准教授 桑原 亮一)


 第3部 パネルディスカッション 「支部のあゆみとこれから」


 本学会が100周年を迎えるにあたり、中国・四国支部におきましては、記念講演会を計画いたしました。近年、ZEBをはじめとする持続可能な社会構築のための様々な取り組みや急速に発展を続けるICT(Information and Communication Technology)によって、建築設備業界の設計・施工業務内容が大きく変化しつつあります。本講演会は、建築設備分野の将来像、および、それをふまえた支部のこれからについて考察する場としたいと考えています。

 第1部では、九州大学の福田晃先生にICTを利用した取組み事例についてご講演いただきます。
 また第2部では、中国・四国支部内の環境・設備系の大学教員に研究成果をご発表いただき、支部の技術シーズから見える建築設備の将来像を考察いたします。
 第3部のパネルディスカッションでは、「支部のあゆみとこれから」と題し、1970年の設立から現在に至るまでの中国・四国支部の沿革、事業内容を振り返るとともに、今度の課題と展望について、第2部で御登壇いただいた先生方と一緒に討議いたします。
 業界関係者のみならず、学生にも有益な内容となっておりますので、積極的にご参加ください。

主催 (公社)空気調和・衛生工学会中国・四国支部
会場 サテライトキャンパスひろしま (広島市中区大手町1-5-3)
日時 平成29年10月27日(金)13:30~17:00
定員 120名(先着順)
参加費 無料
申込方法 「中国・四国支部記念講演会申し込み」と標記の上、氏名、勤務先、電話番号を明記して、FAXまたは葉書もしくは
E-mailにて、下記支部宛にお申し込み下さい。
申込先 公益社団法人 空気調和・衛生工学会中国・四国支部
〒730-0051 広島市中区大手町三丁目8-22
電話(082)244-1770 FAX(082)241-4735 E-mail: info@chu-shi.shasej.org
中国四国支部HP: http://chu-shi.shasej.org

協賛(予定)

(一社)建築設備技術者協会中国・四国支部
(一社)広島県管工事業協会
(一社)広島県設備設計事務所協会