HOME セミナー  北海道エリア   (北海道)講習会「地震に強い建築設備」(「建築設備士の日」記念事業)

(北海道)講習会「地震に強い建築設備」(「建築設備士の日」記念事業)

※この講習・研修会は終了しております。

 9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震では、震度7という最大震度に加えて1800ガルの地震加速度が観測され、建築物やインフラに多大な被害が生じるとともに、全道ブラックアウトによって道民生活に大きな影響を与えました。

 そして、積雪寒冷期に同規模の大地震動が発生した場合には、建築設備の機能停止による被害拡大が想定されることから、被災後に建物機能を維持していくために、どのような対策を講じていくべきかが重要な課題となっています。
 本講習会では、これまでの地震災害から得られた知見や技術指針類を取りまとめた「地震に強い建築設備」をテキストとして、設計・施工上のポイントについて解説します。多数の皆様にご参加頂きますようご案内申し上げます。

【研修内容】

① 阪神・淡路大震災及び東日本大震災の建築設備被害

② 地震に強い建築設備(講師:(株)エイト設計 技術部長 小山俊幸氏)

主催 (一社)建築設備技術者協会 北海道支部
会場 北海道設備会館 2階大会議室(札幌市中央区北4条西19-1-1)
日時 2019年2月4日(月)13:00~15:00
定員 48名(定員に達し次第締め切ります)
参加費 正会員・賛助会員:1,000円(テキスト、資料付)
非会員:5,000円(テキスト、資料付)

※研修会テキスト資料は、申込者分を事前購入しますので、研修会欠席の場合も請求させていただきます。
 (受講料は当日会場受付でお支払い下さい)

申込方法 申込は終了致しました。
申込先 (一社)建築設備技術者協会北海道支部事務局
担当:高清水、大島
TEL:011-621-4106
FAX:011-642-6720 
資料 申込書はこちら
資料のダウンロード

後援

(一社)電気設備学会北海道支部、(公社)空気調和・衛生工学会北海道支部
(一社)北海道建築設備設計事務所協会、(一社)北海道空調衛生工事業協会
(一社)札幌空調衛生工事業協会