HOME セミナー  北信越エリア   (福井)技術講習会「これからのBIMと建築設備」

(福井)技術講習会「これからのBIMと建築設備」

 経済発展と社会的課題の解決を両立する新たな未来社会「Society 5.0」を実現するため、建築分野においてBIM(Building Information Modeling)が3次元データを基軸としたICT(情報通信技術)として著しい進展を遂げています。建設現場においては、建設生産・管理システムをBIMによって連携することにより、「生産性向上・品質確保」や「働き方改革」に大きく寄与することが期待されています。

 本講習会では、国土交通省の官庁営繕工事におけるBIMガイドラインやBIMの導入事例、建築設備分野における今後のBIMの利活用について紹介します。

主催 (公社)空気調和・衛生工学会 北信越支部、(一社)建築設備技術者協会 北信越支部
会場 福井県国際交流会館 2階会議室(福井市宝永3-1-1)
日時 2020年3月16日(月)18時30分~20時20分
定員 50名(申込み先着順で定員になり次第締切らせていただきます)
参加費 無料
申込方法 氏名、勤務先、連絡先(電話・FAX・E-mail)を明記の上、下記の申込先までE-mailまたはFAXにて
3月10日(火)までにお申し込みください。
申込先 (公社)空気調和・衛生工学会 北信越支部
福井県代表・桃井良尚
TEL:0776-27-8497 FAX:0776-27-8746
E-mail:momoi@u-fukui.ac.jp

プログラム

1、官庁営繕事業におけるBIMの取組み 柳 紀昌(国土交通省 大臣官房官庁営繕部)
2、建築設計におけるBIMと環境シミュレーションの活用 円井基史(金沢工業大学 建築学部建築学科)