HOME セミナー  北信越エリア   (長野)講演会「AIの進歩と今後の建築設備」

(長野)講演会「AIの進歩と今後の建築設備」

 最近TVや新聞でよく耳にするAI(人工知能)ブームについて、今後どのように進歩して我々の生活の中に浸透していくか大変興味深いものです。

 そこで、今回はAIとIOTの関係について建築設備を担当する技術者としてAIの基本的事項や今後の可能性について第一部で講演していただきます。

 AIの今後の利活用で期待するのは、労働者不足や過酷労働に対する対応と職人の知識等のノウハウの蓄積等が期待されるところです。民間企業においては、各種製品に積極的にAIを取り込み新製品が続々と市場に氾濫しています。

 これまでは、インターネットは、パソコン同士を繋がるもので、他のモノと繋がる事はありませんでした。そこで誕生したのがIOTで、TVやカメラ、家電などこれまで繋げることができなかったモノをインターネットとつなげる技術で、現在急成長しております。

 さて、IOTで何ができるのかとなると、「モノを確認する」「モノの状態の確認」「モノがコミュニケーションを取り合うことができるようになります」の三つが有ります、今後AIとIOTの組み合わせによって、私たちの生活がどのように豊かになっていくのかを含め第二部では、最新技術や具体的事例を含め講演をお願いします。

 なお、講演会終了後講師を囲んで関係者の皆さんと質疑等を含めた交流会を開催したいと思いますので是非ご都合の上参加願います。

主催 (公社)空気調和・衛生工学会北信越支部、信州建築設備研究会
会場 信州大学工学部内 信州科学技術総合振興センター3階会議室
(長野市若里4-17-1)
日時 2019年7月22日(月)15:00~17:00
定員 150名(学生及び一般)
参加費 会員(主催及び共催関係者):1,000円
一般:2,000円
学生:無料
申込方法 (公社)空気調和・衛生工学会北信越支部ホームページよりお申込ください。
申込先 (公社)空気調和・衛生工学会長野県代表
信州建築設備研究会事務局 松本 幸保
電話:090-4663-9872
E-mail:sentoya.matsumoto@fuga.ocn.ne.jp                  

共催

(一社)建築設備技術者協会北信越支部