HOME セミナー  関連団体   建築工事の「監理技術者講習」(日本建築士会連合会)

建築工事の「監理技術者講習」(日本建築士会連合会)

監理技術者の皆様へ

公益社団法人 日本建築士会連合会は、建設業法第26条第4項に基づく法定講習である「監理技術者講習」の登録講習機関として平成27年6月22日付けで国土交通省から登録を受けました。

各建築士会の協力のもとに建築工事に特化した内容で「監理技術者講習」を開催します。
特に、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」にとりましては、実務に役立つ充実した内容のテキストを使用して講義を行います。
この機会に多くの建築施工系監理技術者の受講をお願いします。

※土木系の監理技術者が受講された場合でも、監理技術者講習修了履歴ラベルを交付いたします。

主催 公益社団法人 日本建築士会連合会
会場 全国各地
日時 会場による(詳細は以下のリンク先をご参照ください。)
申込先 公益社団法人 日本建築士会連合会「監理技術者講習本部」
http://www.kenchikushikai.or.jp/ メール kanri@kenchikushikai.or.jp
108-0014 東京都港区芝5-26-20 TEL 03-3456-2061

建築士会が行う「監理技術者講習」の特色

●その1 建築に特化した内容の実務に役立つテキストと講義    
 1 テキスト全編が建築に特化
 2 現役のゼネコン在籍者、大学教授等による執筆
 3 豊富なトラブル事例の紹介、解説
 4 業務別に関連法制度の紹介、解説
 5 ゼネコン等の最新技術、材料の紹介

●その2 わかりやすく利便性の高いテキスト
 1 掲載内容をデータ収録したCD付
 2 一覧性を重視した1項目1ページ又は見開き2ページの構成
 3 受講後5年間はいつでもテキストの最新版を受講者専用HPからダウンロードで入手可能
 4 図表や写真を多用した見やすくわかりやすいフルカラー

●その3 建築士会CPD単位6単位の付与
 建築士会会員以外の技術者も活用可能。現在、42県での工事入札などに
 建築士会の発行するCPD実績証明書が活用されています。
 全国の建築士会で証明書の交付が可能

●その4 WEBでもCPD単位の取得が可能
 テキストの記載内容からWEBにCPD問題集を設置します。
 それらの問題に解答することで、講習会出席とは別にCPD単位が取得できます。

●その5 ネットでのかんたんな受講申込み
 受講申込み受付、申込書のダウンロード、次回の受講案内連絡など