HOME セミナー  近畿エリア   (大阪)環境工学研究会「ウェルネスオフィスと環境設備」

(大阪)環境工学研究会「ウェルネスオフィスと環境設備」

※この講習・研修会は終了しております。

 ESG(Environment Social Governance)投資に国際的な関心が高まりつつあり、企業に対して地球温暖化や従業員の働き方・健康・快適性などへの対応が強く求められている。建物に対しては、環境負荷低減に加えて環境性,健康性,快適性について、これまで以上に重要なファクターになると考えられる。このような中で、ウェルネスオフィスが注目されている。
 今回は、ウェルネスオフィスと環境設備をテーマとして、最新事例であるYKK80の環境設備計画と竹中工務店東関東支店ZEB化改修を紹介し、今後の空調を含めた環境設備の方向性について考える。

主催 (公社)空気調和・衛生工学会近畿支部
会場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)大会議室3
(大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 TEL:06-6910-8500)
日時 平成30年6月15日(金) 15:00~17:00
参加費 環境工学研究会会員 無料
非会員 2,000円(資料代を含む)
申込方法 申込は終了致しました。
申込先 公益社団法人 空気調和・衛生工学会近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F
電話:06-6612-8857 FAX:06-6616-7098
E-mail: office@kinki-shasej.org

講演題目・報告者・内容

1. YKK80の環境設備計画
【報告者】
 水出喜太郎 (日建設計 エンジニアリング部門 設備設計グループ 設備設計部長)

【内 容】
 YKK80ビルでは、快適性と省エネルギーを両立するため、温度・湿度・気流・放射を整える微気流併用放射空調をはじめ、多くの技術をホリスティックに採用して執務空間のクオリティを高めている。世界企業の本社ビルとして働く全ての人の健康と、地球環境への配慮を示し、LEED-CS プラチナ認証、ASHRAE Technology Awards 2017 First Placeを受賞し国際的な評価を得ている。

2. 竹中工務店東関東支店ZEB化改修
【報告者】
 田中 宏治 (竹中工務店 東京本店設計部設備部門 グループ長)
 
【内 容】
 本プロジェクトは実用オフィスビルを新しいワークスタイルのネット・ゼロエネルギービルに改修した。オフィスを稼働させながら、本格的な外装の改修工事を行い、先進的なZEB技術を導入することにより、ネットZEBを達成している。さらには快適性・知的生産性を向上させ、災害時に備えたBCP性能の向上も図っている。

協賛

(一社)建築設備技術者協会近畿支部