HOME セミナー  近畿エリア   (大阪)環境工学研究会 振興賞技術振興賞、支部学術研究発表会奨励賞の成果報告

(大阪)環境工学研究会 振興賞技術振興賞、支部学術研究発表会奨励賞の成果報告

振興賞技術振興賞は、設備の計画・設計・施工に関する業績、開発に関する技術、装置・製品などの発明・考案、施工技術の業績についての表彰であり、今回は近畿支部から技術振興賞3件が選考されました。また若手研究者・技術者の育成を意図し、支部学術研究発表会奨励賞では学術研究発表部門5編、技術報告発表部門1編が選考されました。本成果報告会では技術振興賞の他、若手の発表の機会を増やし、交流を図るため、支部学術研究発表会奨励賞を合わせて紹介します。



主催 公益社団法人 空気調和・衛生工学会近畿支部
会場 ドーンセンター  大会議室2
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター TEL 06(6910)8500
日時 2017年7月21日(金) 14:00~17:00
参加費 環境工学研究会に登録されている方 無料、一般 2,000円(資料代を含む)
申込方法 ご希望の方は、2017年7月14日(金)までに、ホームページ上の申込フォームから申し込み下さい。
申込フォーム(外部のサイトが開きます)
申込先 公益社団法人 空気調和・衛生工学会近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F
電話(06-6612-8857) FAX(06-6616-7098)
E-mail:office@kinki-shasej.org

題目

□支部学術研究発表会奨励賞の成果報告
 (所属は研究発表会時のもの)
  学術研究発表部門
 1)長距離空気砲の性能及び渦輪の気流特性検証実験
報告者:森脇 丈太郎(立命館大学)
 2)温泉の熱回収に関する研究-熱交換器の性能劣化特性と形状の検討-
報告者:柊本 一成(大阪市立大学)
 3)在室者から発生する汚染質の評価手法に関する研究(その6)在室者の体臭制御がにおいの主観評価に及ぼす影響
報告者:池田 馨(大阪大学)
 4)大気質モデルを用いたウランバートルにおける大気汚染シミュレーション
報告者:福原 崚汰(大阪大学)
 5)住宅都市ガス・水道使用データに基づく用途別給湯需要の推定
報告者:上林 由果(大阪大学)
     技術報告発表部門
 6)デマンドレスポンス対応氷蓄熱システムの設計と実施
報告者:安心院 智(竹中工務店)

□技術振興賞の成果報告
 1)関西電力南大阪営業所における省エネルギー計画と運用実績の検証・評価
報告者:山口 麻有(関西電力㈱)
内 容:『環境・人にやさしい次世代型営業所』として計画された事務所である。通常は制御がメーカー任せであるビル用マルチ空調機に対して、外部から運転指令が可能な制御システムを開発・導入し、快適性を損なわずにCOP向上を図る高効率運転制御や、室内環境の急な変化を伴わない連続デマンド制御を実現している。また、建物設備の運用改善と省エネルギー推進に取り組んだ結果、設計目標を上回る省エネルギー性能を達成している。

2)立命館中学校高等学校
報告者:宮崎 裕輔(鹿島建設㈱)
内 容:移転に伴う新キャンパス整備工事である当プロジェクトでは、「日本最先端のエコスクール建設」という大きなテーマを目標に掲げた。特徴として、①敷地の地域性というポテンシャルを利用し、自然エネルギーを最大限活用した。②生徒達のエコキャンパス活動への積極的な参加を誘発する「試す化」を導入。③教室の室内環境と学習効果の関連性に着目し、環境性能実測・検証と知的生産性(学習効率)の関係性について考察した。

3)ヤンマー本社ビル“YANMAR FLYING-Y BUILDING”
報告者:水出 喜太郎(㈱日建設計)
内 容:大阪梅田に建つ都市型環境共生建築として多様な省エネルギー技術を導入し、Zero CO2-Emission Buildingを志向した。具体的には、コージェネレーションシステムを中心とした複数のオンサイト発電と選択可能型排熱利用、自然エネルギーの活用と都市環境への貢献・訴求、放射モード/対流モード可変型の空気式放射冷暖房などの技術によって、竣工時目標の年間CO2削減率55.0%を上回る、59.7%削減を達成した。

協賛

一般社団法人 建築設備技術者協会近畿支部