HOME セミナー  近畿エリア   (大阪)環境工学研究会「持続可能な開発目標(SDGs)を実現するために」

(大阪)環境工学研究会「持続可能な開発目標(SDGs)を実現するために」

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2016年から2030年までの国際目標で、2015年9月の国連サミットで採択された。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国のみならず、先進国自身が取組む目標として、日本でも首相を本部長とするSDGs推進本部を設け、積極的に取り組んでいる。取組みにあたっては、グローバルパートナーシップと共に、地域社会の発展や科学技術・イノベーション(STI:Science, Technology and Innovation)向上が鍵となる。そこで今回、SDGsをテーマに、建築・都市づくりから、地域社会との連携・振興の取組みや、将来を担う学生の活動を通じて未来社会を考える。

主催 (公社)空気調和・衛生工学会 近畿支部
会場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 特別会議室
(大阪市中央区大手前1-3-49  TEL: 06-6910-8500)
日時 平成30年12月12日(水) 15:00~17:00
参加費 環境工学研究会に登録されている方:無料
一般:2,000円(資料代を含む)
申込方法 ご希望の方は、平成30年12月5日(水)までに、(公社)空気調和・衛生工学会 近畿支部
ホームページ上(http://kinki-shasej.org/)の申込フォームから申し込み下さい。

申込先 (公社)空気調和・衛生工学会 近畿支部
〒559-0034 
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F
TEL:06-6612-8857 FAX:06-6616-7098
E-mail:office@kinki-shasej.org

題目

1)持続可能な開発目標(SDGs)を活かした建築・都市分野の取組
【報告者】川久保 俊(法政大学 准教授)
【内 容】持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて建築・都市分野で様々な取組が始まっている。アンケート調査
     や企業が発行するCSRレポートの分析から見えてきたSDGsの達成に向けた取組状況を紹介する。

2)関西におけるビジネス分野でのSDGs推進の取組み
【報告者】前田 淳(近畿経済産業局 通商部国際事業課 課長)
【内 容】「関西SDGsプラットフォーム」の分科会として、ビジネスの視点からSDGs推進を目指すため近畿経済産業局
     では「関西SDGs貢献ビジネスネットワーク」を立ち上げている。今回、「関西SDGsキャラバン」をはじめ、
     多様な企業間連携の形成を促進する取組みを紹介する。

3)キャンパスから地域と共に考えるSDGs
【報告者】切田 澄礼(立命館大学 Sustainable Week実行委員長)
【内 容】Sustainable Weekは、立命館大学びわこ・くさつキャンパスを「小さな地球」と見立て、SDGsにおける17の
     ゴールに学生団体が主体的に取り組むイベントとして昨年より実施している。様々な分野で活動する学生団体
     が、それぞれの専門性を生かし“持続可能の社会”を表現し、社会全体を巻き込んだ企画を行っており、その
     取組みを紹介する。