HOME セミナー  近畿エリア   (大阪)見学会「大阪国際がんセンター」

(大阪)見学会「大阪国際がんセンター」

※この講習・研修会は終了しております。

 本プロジェクトは地方独立行政法人、大阪府立病院機構発注による、がんセンターの設計と、建設、運営を行うPFI事業である。本センターは大阪府成人病予防行政の一環として昭和34年9月に成人病の予防、早期発見及びこれらの調査、研究等を行い、府内における成人病に関する医療水準の向上を図るための中核施設として設置された。以来、病院の増改築、研究所の整備を経て、平成18年4月に地方独立行政法人大阪府立病院機構の大阪府立成人病センターへ事業移行している。現在JR森ノ宮駅近くにある既存がんセンターは、今回、大阪城天守閣への眺望が開けた場所に移転新築を行う。がんと循環器疾患の診療を主な業務とする当センターは、「病院」機能に加え、治療成績向上ための方法を見出す「研究所」機能と大阪府のがん患者のデータ収集から予防と早期発見に努める「がん予防センター」機能が一体となった、最先端の専門病院である。移転整備計画では、本センターのこれら3つの機能を十二分に発揮できる「がん医療日本一を支える日本一の施設環境」をめざし、4つの基本コンセプト掲げ計画を進めた。

① 部署の異なるスタッフが、遭遇し、対話し、さらに互いの想像力を刺激する「コラボレーションの場」の創出。

② 高度先端医療を支える医療従事者の力を発揮し続けるために、緊張からの開放を可能にする「オンからオフの切り替えの場」の提供。

③ 患者に対する安全への配慮と見守られている安心が感じられる「ストレスフリーな療養環境の場」の実現。

④ に将来の医療環境の変化や患者のニーズの変化に柔軟に対応できる「フレキシビリティの高い施設環境の場」の実現。


主催 (一社)建築設備技術者協会近畿支部
会場 大阪国際がんセンター
 大阪府大阪市中央区大手前三丁目1-88
日時 平成29年3月6日(月) 13:30~15:30
アクセス 地下鉄谷町線 谷町4丁目駅 より 徒歩約10分
京阪電車  天満橋駅 より 徒歩約10分
定員 50名予定(申込み先着順で定員になり次第締切らせて頂きます)
参加費 1,000円(当日、受付にて参加証とともに徴収)
申込方法 申込は終了致しました。
申込先 一般社団法人 建築設備技術者協会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
ATC/ITM 11F 
TEL:06-6612-8858 FAX:06-6616-7098
E-mail:ksgk-window@kinki-shasej.org
ホームページ:http://www.jabmee.or.jp/local/kinki/index.html

建築概要・設備概要

■建築概要
  構 造: RC造(一部S造)
  階 数: 地下2階・地上13階・塔屋1階
  延面積: 68,377㎡

■設備概要
  受変電: 特別高圧受電(本線・予備線2回線)5000KVA×2台
  発電機: 非常用 ディーゼル 1250KVA×2台 オイルタンク 20000L×2基
       コージェネレーション 610kw×1台 空調、給湯に排熱利用
  UPS: 常時インバータ給電方式 75KVA×4台
  熱 源: 空冷ヒートポンプチラー、吸収式冷温水発生機、蒸気ボイラー
       空冷ヒートポンプパッケージエアコン
  空 調: 外気処理空調機+ファンコイルユニット方式またはパッケージエアコン方式
  給 水: 重力式、上水3日分雑用水7日分を貯水
  給 湯: 蒸気ボイラー+CO2冷媒ヒートポンプ給湯機による中央式
       一部電気温水器による局所式
  排 水: 非常用排水槽
       排水処理設備(厨房・感染・検査・RI)
  消 火: スプリンクラー、連結送水管、ガス系消火設備
  その他: 医療ガス、気送管、垂直水平搬送設備

協賛

(公社)空気調和・衛生工学会近畿支部
(一社)電気設備学会関西支部
(一社)大阪空気調和衛生工業協会
(一社)大阪府設備設計事務所協会